電気屋さんに電話で聞いたソフトのアンインストールのやり方

携帯電話でアプリをアンインストールしたときの注意点

電気屋さんに電話で聞いたソフトのアンインストールのやり方 スマホの携帯電話で便利なアプリがたくさんありますが、使っていたアプリをアンインストールしたらどうなるのかをいろいろ調べてみました。まず、Googleアカウントをアンインストールした場合でもう一度インストールするとどうなるのかを調べてみました。一旦削除するようになるので保存していた電話帳やアドレスは完全に消去されるようです。別途SDカードなどにデータをバックアップしておけば問題ないようなので定期的なバックアップが必要のようです。次に今人気のLINEをアンインストールするとどうなるかですが、こちらはログアウト状態になるだけなのでデータは消えないようです。LINEのアカウントを削除すると新規登録をするようになるみたいなのでデータはすべて消去されるようです。話題が少し変わりますが少し前に、あるスマホの機種で電話帳サービスというシステムが携帯電話機の容量や電池を物凄く食っていたことがわかったみたいで、その時もそのシステムをアンインストールすることで改善されたみたいです。なぜそのようなシステムを導入するのかは不明ですが、携帯電話に負荷がかかるようなものはいらないんじゃないかなと思います。以上のことで分かったことはアンインストールすることは完全にデータを消去するのではなく、携帯電話の画面上からアプリを無くすだけでありデータを完全に消去するにはアカウントを削除するということ。したがってアカウントの削除は故意にしないとできませんのでよっぽどのことがない限りデータが消えてなくなるということはなさそうです。完全にデータがなくなってしまうと誰にも連絡できないようになるので、デジタル的な保存だけではなく、アナログ的な保存も必要かもしれません。

アナログ的な保存とはシンプルに紙に書いて残しておく。もしくはデータそのものを印刷しておく。そうすることで、万が一データが無くなったとしてもデータを復活させることができるからです。この方法の唯一の弱点は常に最新の情報を保存していないといけないということになります。

Copyright (C)2022電気屋さんに電話で聞いたソフトのアンインストールのやり方.All rights reserved.